今日も手作り日和

植物をモチーフにしたアクセサリーを制作しています。制作のことや悩み、ときどき日々のことを綴っています。

相棒が戻ってきた

f:id:hanatsutimizu:20180413210618j:plain

修理に出していたカメラが戻ってきました。

 

OlympusのE-PL6です。

このカメラとの出会いは数年前です。

まだ外で働いていたころデザインの仕事をしていた私は写真を扱う機会が多く、自分でもカメラを勉強したいなと思ったのがこのカメラを手にしたきっかけでした。

重すぎないカメラで手頃な価格のものを探していた時に、型落ちになっていたこのカメラに出会いました。値段はレンズが2つ付属して4万円ほど。

この性能でかなりお得だったと思います。

購入後に仕事で専門誌を読んでいると「今が買いのオススメカメラ!」特集的なものにこのカメラが掲載されていることも多かったです。

 

このカメラを持ったことで、私の世界は広がりました。

以前、写真に対してものすごく苦手意識がありました。

手が不自由なため重いカメラだと手がぶれて上手く撮れなかったり、だからといってデジカメだと物足りないと感じていました。

そんな知識がない私でもこのカメラで撮ると、それなりに写真が綺麗に取れて、青空を撮るととても綺麗なブルーに撮れました。

 

以前の職場ではこのカメラで撮影した写真をポスターやパンフレットに使ったり、デザインの幅が一気に広がりました。

デザインをするときは文章で説明するよりも写真で説明するほうが何倍も説得力があるときがあります。

職場の10万円するカメラよりこちらの写真のほうが綺麗だと、上司や先輩によく言われたものです。

初心者向けで持ち運びしやすいパンケーキレンズが付属だったので、体が小さな私にはこのカメラのほうがピッタリだったんだと思います。

f:id:hanatsutimizu:20180413211919j:plain

それ以外にもプライベートでも旅行の思い出を収めたりと、このカメラがカメラへの苦手意識をなくしてくれました。

今まで持っていたデジカメは荷物になるのが嫌で持ち歩くことはなかったのですが、このカメラは不思議と一緒に色んな所に行きたくなるカメラでした。

 

仕事を辞めてハンドメイドのお店をするときも、このカメラが役に立ちました。

私の生活にこのカメラは欠かせないものになっていたと思います。

 

そんなカメラが、ついに動かなくなってしまいました。

ビックリというより、こうなることは予想していました。

購入した直後からすぐにバッテリーカバーが外れ、その後も誤作動があったりと正直気になっていましたが、作品撮影で修理に出すタイミングがないことや修理に出すとなるとかなり高額になると分かっていたので、そのまま使うしかありませんでした。

でも、先日ついにレンズが故障してしまい、さすがに限界と思って修理に持っていきました。

 

見積修理代は2万3000円。今の私にとってはものすごく大金です。

お店を休んでいて今月は収入が0なので、見積もりを聞いて躊躇してしまいました。

2万3000円ということは購入価格が4万円だったので、半額以上の代金です。

下手をすれば中古品の動作品を買い替えた方法が安くなる可能性があります。

 

でも、このカメラには沢山の思い出があります。

仕事を辞めて生きるのが苦しかったとき、このカメラと一緒に遠くへ行って、綺麗な景色を撮ったこと。

お店を始めるとき、光の加減など試行錯誤しながら作品を撮ったこと。

他にも思い入れがいっぱい詰まっています。

いつの間にか良き相棒になっていたんです。

 

それで修理に出して、直ったと連絡があったので、早速取りに行きました。

f:id:hanatsutimizu:20180413212958j:plain

相棒が戻ってきたと思うと、嬉しくなります。

 

戻ってきた記念にとチロルを撮ってみました。

f:id:hanatsutimizu:20180413211522j:plain

f:id:hanatsutimizu:20180413211600j:plain

ビックリして縮こまっています。

やっぱりカメラが苦手なようです(;^_^

f:id:hanatsutimizu:20180413211621j:plain

 

未だに写真の知識がなくカメラも全く使いこなせていませんが(説明書を全く読んでいないんです(笑))、このカメラを持つと楽しくなります。

 

余裕が出来たら一緒にどこか遠くへ行っていろんな景色を撮りたいです。

また壊れてしまうことがあるかもしれないけれど、動かなくなるまで大切に使っていこうと思います。