今日も手作り日和

植物をモチーフにしたアクセサリーを制作しています。制作のことや悩み、ときどき日々のことを綴っています。

器探し

f:id:hanatsutimizu:20180121223605j:plain遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

お正月間も制作や在庫整理ややらで、年が明けて数日経った今でもバタバタしています。

 

今日も制作と並行して発送準備をしていました。

先週は赤色のブローチ、今週はプレゼント用と、週ごとに売れ筋や用途が変わり、驚きながらも贈り物ということでいつも以上に梱包に力が入ります。

 

話は変わり、少し前から作品撮影用のお皿を探しています。

今までは100円ショップ、300円ショップなどの安いものを使っていましたが、下に敷くお皿でブローチの印象が左右されると気づいてから作品の印象に合うものを探していました。

f:id:hanatsutimizu:20170319180907j:plain

f:id:hanatsutimizu:20170426191830j:plain

上は100円ショップ、下が300円ショップのもの。

100円のお皿は作品の雰囲気に合わず浮いて見えて、300円の物はブローチ本体よりツヤがあるせいでブローチのツヤ感が分かりずらくなってしまっています。

ネット販売が主なので作品の魅力を伝えきれないのは困りものです。

 

それで作品の雰囲気に合いそうで私自身も好きなフランスのアンティークの食器で合うものを探していました。

ただ探してもなかなかちょうどよいものがなく、あってもリム(淵の部分)が幅広の物が多いため写真を撮るときに邪魔になり丁度良いものが見つかりません。

アンティークのものは、装飾性が高いのか淵部分が広いようです(><)

 

そんな時、委託先さまの作品搬出の帰りにフラッと立ち寄ったうつわ屋さんで気になる情報を耳にしました。

「1月の終わりにフランスのアンティークのような器を作る作家さんの個展をするんです。」

とお店の方が教えてくださったんです。

f:id:hanatsutimizu:20180121233123j:plain

 

DMをいただきこれも何かの縁かなと、その作家様の個展に行ってきました。

するとオープン直前に行ったのにお店の前に行列が出来ています(゚д゚)!

 

並んでいる方に話しかけたところ、とても人気のある作家様のようで、その方が以前行った個展では売切れだったこともあったそうです。

他の並んでいる方々の様子を見ていると、お店に入る前から作家さんの作品を見るのが楽しみで仕方ないオーラが出ています。

学生のときに陶芸漬けだった時期があるのに器に関しては興味がなく、料理用の器も見た目より機能性重視(電子レンジOK、手が不自由なので軽さ優先)な私が立ち寄ってよいのかと一瞬躊躇しました(^^;)

しかも今回の器探しは料理用じゃなくてブローチ撮影用...

でもここで引き下がったら素敵な器に出会えるチャンスを逃してしまうかもしれない...

 

心の中で葛藤しながらも1時間待ってやっとお店に入ることが出来ました。

 

店内には教えていただいたとおりフランスのアンティークのような食器が並び、うっとりしっぱなしでした(*n´ω`n*)

器に興味のない私でも欲しいものがいっぱいです。

並んでいる方々から「楽しみオーラ」が出ているのも納得しました。

 

何分も悩んでお迎えしたのはこちらの食器です。

f:id:hanatsutimizu:20180121230704j:plain

白い丸いお皿とオーバルの豆皿は商品撮影用、グレーのものは一目惚れです。

 

白い食器はマットな質感の釉薬でブローチを置いたときにツヤが引き立つかなと思い選びました。

f:id:hanatsutimizu:20180121231111j:plain

ブローチは布につけるものなので、出来るだけ布の風合いに近いツヤ感のものないが欲しいと思っていました。

f:id:hanatsutimizu:20180121231145j:plain

リムも広すぎずアクセントになって丁度良いです。

 

グレーのお皿は買う予定はなかったのですが、レリーフが可憐で思わず手に取ってしまいました。

f:id:hanatsutimizu:20180121231356j:plain

この作家様は淵を一周するようにお花のモチーフがあるお皿が有名なようですが、私はこれぐらい控えめのほうが好きです。

f:id:hanatsutimizu:20180121231502j:plain作家様の作品ということでお値段的にに買うのに勇気がいりましたが、お迎えしてよかったと思っています。

作品制作のやる気に繋がりました。

私も今回の陶芸作家様のように沢山のお客様に喜んでいただける作り手になりたいと思った一日でした。